HOME よくあるご質問

よくあるご質問

アストリアスギター、ウクレレの弦について

アストリアスギター、ウクレレが出荷時に張っている弦を教えて下さい。

出荷時の弦は以下の通りです。

クラシックギター=ハナバッハ・シルバースペシャル・ミディアム(黒パッケージ)

フラメンコギター=ハナバッハ・フラメンコ・ミディアム(黒パッケージ)

アコースティックギター=GHS・フォスファーブロンズ・S325(ライトゲージ)

エレガット=ハナバッハ・シルバースペシャル・ミディアム(黒パッケージ)

ウクレレ=アストリアス・ウクレレ弦(ソプラノコンサートテナーフロロカーボン・ソプラノ&コンサート


アストリアスギターの試奏について

アストリアスギターを試奏してみたいのですが、どこに行けば良いですか?

最寄りの楽器店にお問い合わせ下さい。→ショップリスト

楽器店に希望機種が置かれていない場合でも、弊社の在庫状況によっては店頭での試奏を手配することが可能です。(手配に数日から一週間程度かかることがございます。)


楽器の保管について(1)

楽器を保管するときに気をつけることを教えて下さい。また保管に適した温度、湿度はどの位が良いですか?

ギターに適した環境としては、温度が18〜23℃程度、湿度が45〜55%程度が推奨されます。これは、人が通常の生活をする上で快適と感じる環境と言われています。

特に湿度については40%以下、もしくは60%以上の環境で長期間保管しますと、木材にゆがみが生じ、ネックの反り、指板の縮み、表板や裏板の割れなど、さまざまなトラブルの原因となります。

保管の際はハードケースに入れて温湿度計を使用し、最適な温湿度の下で管理することをお勧めします。また楽器をケースから出したままの状態で長期間保管することはお勧めできません。


楽器の保管について(2)

チューニングが面倒なので、弾いた後もそのままにしています。保管時には弦を緩めたほうが良いですか?

弦を張ったままにしておくと、ネックの反りや表面板の変形などのトラブルにつながることがあります。また弦が伸び切るのが早まり、音質も劣化しやすくなります。

このため長期間弾かない場合は、弦を緩めテンションを下げることをお勧めします。半音〜1音程度(ギターの場合、糸巻のつまみで2回転〜4回転程度)下げて下さい。


楽器の手入れについて(1)

日常の手入れの方法を教えて下さい。

演奏後は弦、指板に付いた皮脂や汗などを楽器用クロスや布などで拭き取ります。弦の劣化やフレットの錆びを防ぐことができます。またごく少量の楽器用オイルなどで指板を磨くと艶が戻ります。ご使用の際には、オイルが塗装面に付着しないよう注意して下さい。


楽器の手入れについて(2)

楽器の塗装面の手入れについて教えて下さい。

アストリアスの塗装は、ウレタン、ラッカー、セラックの3種類の仕上げがあります。塗装面の手入れについては、各塗装の種類により方法と注意点が異なります。

【ウレタン仕上げの手入れ】

演奏後は楽器用クロスで乾拭きします。特に汚れがひどい場合には市販の楽器用ポリッシュ、クリーナーをクロスに染みこませて磨くと汚れが取れます。ポリッシュで磨いた後は、必ず別のクロスで乾拭きして下さい。

【ラッカー仕上げのお手入れ】

演奏後は楽器用クロス(シリコンなどの成分を含まないもの)で乾拭きします。化学変化によって塗装面が変質する可能性がありますので、市販の楽器用ポリッシュ、クリーナーなどは、ラッカーと反応する成分が含まれていないことをご確認の上、自己責任において使用してください。できるだけこまめに楽器を乾拭きし、汚れがこびり付かないうちに拭き取ってしまうのがお勧めです。

【セラック仕上げの手入れ】

セラック塗装は非常にデリケートです。演奏後は必ず楽器用クロス(シリコンやポリッシュなどの成分を含まないもの)で乾拭きして下さい。クロスは超微細繊維のものを使用し、できるだけ力を入れず、摩擦熱があまり生じないようゆっくりと拭いて下さい。市販の楽器用ポリッシュ、クリーナーなどは一切使用しないで下さい。

特に肌が直接触れるネック、横板、裏板については演奏後は必ず乾拭きし、皮脂や汗を拭き取って下さい。皮脂や汗はセラックの成分と反応し、塗装面が白濁する原因となります。

セラックはその性質上、使用と共に摩耗していくことがあります。塗り直しやキズ修理などについては購入された販売店にご相談下さい。


楽器の傷について

楽器に傷が付いてしまったのですが、どうすれば良いですか?

大きな傷や深い傷で塗装がえぐれ、木部が見えてしまっている場合はその部分から湿気が入り、トラブルの原因となる可能性がありますので、塗装修理の処置をお勧めします。購入された販売店にご相談下さい。


修理・調整について

修理や調整はどこに持って行けば良いですか?

購入された販売店にご相談下さい。

製造上の不備による修理以外につきましては、保証対象外となり修理調整代や送料などの費用がかかりますので、あらかじめご了承下さい。


カスタムオーダーについて

カスタムオーダーはできますか?どこで注文することができますか?

アストリアスが持つ標準的なモデル(Dシリーズ、Soloシリーズなど)をベースにカスタムオーダーすることが可能です(ウクレレ以外)。ただし、基本的な仕様(ボディサイズなど)を大きく変更することはできません。また、アストリアスが所有しない材料での製作も不可能です。

ご注文の際は最寄りの楽器店にお問い合わせ下さい。
材のグレードアップ等のオプション料金が加算されます。
ショップリスト


推奨環境

推奨OSおよびウェブブラウザ
ASTURIASのウェブサイトは、以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨ウェブブラウザ以外でのご利用や、推奨ウェブブラウザでも設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合があります。
・Microsoft Internet Explorer 6 以上 (WindowsXP / Vista 版)
・Safari 3 以上 (Mac OS X 版)
・Firefox 2 以上 (WindowsXP / Vista / Mac OS X 版)

プラグイン
ASTURIASのウェブサイトの一部ページをご覧になるには最新の Macromedia Flash Player プラグインが必要となります。
下記のダウンロードサイトより Macromedia Flash Player プラグイン をダウンロードし、インストールしてください。
Macromedia®Flash™Player ダウンロードサイト

JavaScript
ASTURIASのウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。
ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。
ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。